生命保険を見直すステップ

①保障してほしいリスクを明確する

生命保険は「リスクに備える保険」と「貯蓄性が高い保険」を分かれています。「リスクに備える保険」は万が一があった場合に、そなえる保障を受けたいという保険です。
生命保険を見直す時点で、保障してほしいリスクに適した保険を契約できるかが変わってきます。

②リスクをカバーする生命保険を選ぶ

生命保険を選ぶには、想定されるリスクをカバーできるのがポイントです。
しかし、将来のリスクに対して考えている人が少ないので、どのようなリスクマネジメントが必要なのかが分からないことが多いです。このような場合には、プロのファイナンシャルプランナーへの相談により自分の生命保険を見直すことが重要です。

③保険料と特約内容を見直す

生命保険の見直しでは、主に「保険料」と「特約内容」を見直すことが多いです。保険料は月払いなので、家計に直接関与してくるものです。そのため、家族や仕事の状況によって見直す必要があります。
特約内容の見直しについても、家庭状況から大きく影響されています。また被保険者の年齢によっても大きく違いがありますので、収入状況を照らし合わせながら検討することがあります。

④生命保険のタイプ、料金プランを選ぶ

生命保険の最適なタイプは時期によって変化し、料金プランについても収入状況によって変わっています。保険会社からも新しい商品が出てきますので、以前よりも収入や状況に適した見直しができる可能性があります。
そのため、生命保険のタイプと同時に料金プランが本当に最適なのかを改めて考えましょう!

➄生命保険の契約者、被保険者と保険金受取人を見直す

生命保険には契約者、被保険者と保険金受取人が設定されています。これらの内容も時間が経つごとに状況が変わっていますので、見直す必要があります。
例えば、保険金受取人を両親にしていた場合、親が亡くなったことで保険金受取人を見直さないといけない。子供も自分で保険料を支払えるような年齢になったときに、契約者を見直すこともあります。