生命保険を見直すメリット・デメリット

生命保険の見直しには、それぞれメリットとデメリットがあります。将来のリスクを備えることに考えると、メリットが大きいですが、一方で費用などを考えればデメリットが出てくることもあります。

生命保険を見直すメリット

生命保険を見直すメリットには、保険プランと保険料を見直すことができます。

保険プランの見直しについても、時間を経つにより、「必要がなくなる内容」や「新たな特約が必要になってくる内容」などを再検討する機会です。保険料を見直すことで、支払う必要がなくなった部分が明確になり、毎月のコストが削減されます。
生命保険は見直さないまま支払い続けていると、時間とともに備えたいリスクが乖離する可能性があります。なので、定期的に新たな視点を見出すことが生命保険を見直す理由です。

生命保険を見直すデメリット

生命保険を見直すデメリットは保険料や返戻金に関するものが多いです。生命保険の特徴として年齢とともに料金が上がって行く傾向にありますが、貯蓄タイプの生命保険であれば返戻金の率も上がっていきます。
今まで運用していたプランを途中でやめることで、本来もらえるはずだった返戻金の率が減り、想定していた金額に達しないデメリットが想定されます。
上記のことを考えれば、生命保険の見直しには起こりうるデメリットを一緒に考慮して考える必要があります。